アイフル審査

MENU

アイフルの商品概要

金融機関の商品には、必ず「商品概要説明書」があります。法律上でも、金融機関の店頭などに「商品概要説明書」の設置が義務付けられています。金融機関の商品を利用する場合には、預金、ローン、問わず必ず「商品概要説明書」の確認を行うようにしましょう。

 

とくにローンを利用する場合には、金利面に関心を持たれる方が多いのではないでしょうか。どうしても低金利の商品に注目しがちですが、その他の条件についもしっかりと確認しておきましょう。

 

店頭だけでなくホームページ上にも「商品概要説明書」が記載されていますので、利用前には必ず目を通しておくようにしましょう。

 

アイフルキャッシングローンの概要

借入限度額
  • 最高500万円以内

 

消費者金融の標準的な借入限度額となっています。銀行カードローンなどに比較するとやや低い水準ですが、それでも一時的な出費には十分といえるのではないでしょうか。

 

貸付利率
  • 実質年利4.5%~18.0%

 

こちらも一般的な消費者金融と同水準となっています。銀行カードローンなどに比較するとやや高い水準ですので、低金利を一番の条件とするには難しいかもしれません。

 

貸付対象者
  • 満20歳以上の方

 

取引期間中に満70歳となられた時点で新規融資が停止されます。新たな借入が利用できず、残高が0になるまで返済を続けていくことになります。

 

 

  • 定期的な収入と返済能力を有し、審査基準を満たす方

 

審査基準は公表されていませんが、申込金額と合わせて総合的な判断が行われます。安定した収入が認められれば、パートやアルバイトの方でも一定額の利用は可能です。ただし無職の方、自身に収入の無い専業主婦などは利用できません。

 

返済方式
  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式

 

借入後の残高に応じて返済額が段階的にスライドしていきます。毎月(毎回)の返済額を最低限に抑えることができますが、返済期間が長期化することもありますので注意しましょう。

 

返済期間、及び返済回数
  • 1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
  • 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)

 

*500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
・各回の返済金額 (元利合計)
・支払い期日ごとに一定金額のお支払い(ただし、初回と最終回は異なる場合があります。)

 

担保。保証人
  • 不要

 

借入に際し担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。逆にいえば担保や保証人を頼りにした利用はできないということです。あくまで利用者本人の返済能力が問われることになります。