アイフル審査

MENU

アイフルの審査落ちの理由とは

消費者金融の審査基準は、一般的には公表されていません。残念ながら審査に落ちてしまった場合でも単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけで、その明確な理由を知ることはできません

 

しかし、審査に合格できないことには、必ずなんらかの理由があるはずです。そしてその理由は申込者に原因があることが大半なのです。またその理由の多くは、各社とも共通しており、たいていは別の会社に申込んだとしても、再度不合格となる可能性が高いのです。

 

つまりその理由を明確に理解して改善できなければ、いつまでたっても借入が利用できないことになります。

 

大手消費者金融アイフルでも、審査に落ちる方の内容はある程度共通しています。これからアイフルを利用したいと思われている方も、どのような方が審査に合格できないのかを知ることは、とても大切なことだといえます。自分が次のような状況にある場合、たいていは同じく審査落ちしてしまうと考えておきましょう。

 

個人信用情報に問題がある

ローンやクレジットカードを利用すると、その記録が個人信用情報機関の情報として記録されます。この情報に問題がある方は、まず審査には合格できません

 

アイフルは日本の3つの個人信用情報機関のうち「株式会社CIC」「株式会社信用情報機構(JICC)」の2社に加盟しています。個人信用情報機関では、ある程度情報を共有していますので、1社の情報が審査においても致命傷となることもあるのです。

 

個人信用情報の問題事項としえは、主に「長期延滞」「債務整理」の2つを挙げることができます。

 

「長期延滞」とは各種ローン・キャッシングの他、携帯電話割賦代金などの返済が2~3ヶ月以上遅れている状況を指します。

 

「債務整理」とは「自己破産」など借金を減額したり、支払免除を受けたことを指します。これらの情報は5~10年間は個人信用情報機関に保存されますので、その期間まず審査に合格することはできないでしょう。

 

貸金業者からの借入が年収の3分の1以上ある

アイフルは、いわゆる「総量規制」の対象となります。「総量規制」とは貸金業者からの借入総額を年収の3分の1以下に制限するという法律上の規定です。

 

例えば年収450万円の方は、他社の借入を含めて150万円以上は利用できないことになります。アイフルの申込金額を含めて、年収の3分の1以上を超えてしまっている場合は審査も合格できません

 

銀行ローンなどは総量規制の対象外となります。ただし年収の3分の1を超える借金は、それだけ返済負担が大きいことを意味します。たとえ銀行ローンであっても多額の借入を利用している場合は、アイフルの審査も厳しいといえるでしょう。

 

借入件数が多い

他社の借入総額とともに、他社の借入件数も審査では大きく影響します。総額よりも件数を重視する金融機関もあるくらいです。細かい借入をたくさん利用しているということは、「高額融資を受けるのが難しい利用者」と判断される可能性が高いためです。

 

アイフルでも、他社の借入件数が「5件以上」あるとまず審査には合格できないでしょう。借入金額、借入件数ともに個人信用情報で確認されますので、嘘の申告を行ってもすぐにばれてしまいますので注意しましょう。もちろん他社の借入の返済が遅れている、もしくは遅れていた場合には、新規審査は合格できません。